ふるさと納税を納めよう|地方を応援しよう!

納税の仕方

野菜

ふるさと納税として寄付金を納める方が増えてきています。税金は、住民税や所得税、自動車税など様々なものがあります。それらは、国に納めなくてはいけない税金になります。ですが、ふるさと納税は個人の任意で納めることができます。任意で納めることができるふるさと納税は、平成20年に決められたもので、27年度に地方税法改正されています。地方に寄付金として納めることができる制度になります。「ふるさと」と付いているから、生まれた故郷に納める税金と思われている方も少なくありません。自分が生まれたところにも納められますが、それ以外でも好きな地域を選んで寄付金を納めることができます。まだ、足を運んだことがない地域や、応援したいところを選択しても良い制度になります。その地方を選んで寄付金として納めることで、地方の自治体から報酬として品物をもらうことができます。その地域で採れた食材や工芸品などをもらえます。そのため、寄付金として納める方が増えているのです。

自分が納めたいと考えている地域を選択した後は、各地方自治体に手続きを行います。直接窓口に足を運んで行うことができますが、遠方の場合かなり時間がかかってしまいます。ネットや近くの役所で手続きが行えることもあるので、寄付金を納める地方の自治体に確認しておいた方が良いでしょう。ふるさと納税を納める方法としては、銀行振り込みや専用のネットからでも行うことができます。さらに、クレジットカードでも決済が可能になります。