ふるさと納税を納めよう|地方を応援しよう!

申告がいらない

エビ

ふるさと納税を地方に納めることで、確定申告を行います。申告をすることで、住民税などの税金が控除されるといったメリットがあります。確定申告をする際には、納めた際の領収書を取っておきましょう。確定申告をする際は、自分が住んでいる地域の役所などで行うことができます。ですが、申告をする際には手続きに時間がかかりますし、面倒と思われている方も多くいるのではないでしょうか。また、税金を控除されるとされていっても条件が定められていました。ですが、2015年に制度が改正され、ふるさと納税として納めた際に面倒な申告の手続きがなくなりました。以前までの各自で行っていた申告をしなくても、税金を控除することができます。控除を受けたいけど、やり方が分からない、手続きに躊躇していたという方も多くいました。しかし、このふるさと納税ワンストップ特例制度が導入されたことによって、以前より利用がしやすくなっているので、知識がない方でも行えます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を行う際にも条件があり、全ての人に適用されるということはありません。条件としては、2015年の1月1日から3月末の間で寄付金を納めていない、確定申告が不要の方、ふるさと納税の対象が5つ以内かといった3つの条件になります。それに該当していれば、この制度を利用することができます。自分がこれに該当しているのか、調べても分からないという方もいるでしょう。そういった方は、自治体や役所などに問い合わせてみると良いでしょう。